アイシングをするときはバンテージで巻くといい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

thestar.comより

みなさんは、どのようにアイシングをしていますか?上の写真の選手のように、バンテージを使って氷を固定していますか?それとも、固定はせずに氷のうを筋肉の上に置いて、じっとしていますか?

今回は、同じ時間の長さで、同じ種類の氷を使ってアイシングをしたとき、そのアイスバッグを何かで圧迫して固定したほうがいいのか?それともただ置いとくだけでもしっかり筋肉はアイシングされるのか?違いはあるのか?そんなことを調べた論文から、よりよいアイシングの方法を学びます。

ーーーーーーー

>>参考文献はこちら。

scsho

The Magnitude of Tissue Cooling During Cryotherapy With Varied Types of Compression

アイシングを、2種類の異なるラップと圧迫なしで行い、筋肉内の温度の変化の違いを調べた研究です。Journal of Athletic Trainingより。

 

バンテージとフレキシラップ

今回の研究で使われた2種類のラップは「バンテージ」と「フレキシラップ」です。

 

バンテージとは、上の写真のような伸縮性のある包帯のようなもの。薬局などで見たことがある人もいると思います。長さや太さも様々なものがあり、アイシングのためだけではなく、運動をする際の関節や筋肉のサポートに使われることもあります。

 

フレキシラップは、サランラップのようなもので、アイシング用の使い捨てラップです。アイシングが終わったら破いて捨てることができるため、バンテージと違って、洗ったり乾かしたり、選手が使ったあとにトレーナーに返却したりする必要がありません。

 

さて、今回の研究では、被験者は3つのグループに分けられ、30分間ふくらはぎのアイシングが行われました。

A)バンテージで氷を固定

B)フレキシラップで氷を固定

C)固定なし

 

アイシングを始める前と、30分のアイシングが終わった直後の、肌と筋肉内の温度の差は以下のようになりました。まずは肌の温度。

・バンテージ:マイナス20.79℃

・フレキシラップ:マイナス18.52℃

・なにもなし:マイナス15.58℃

 

続いて筋肉内の温度。

・バンテージ:マイナス9.40℃

・フレキシラップ:マイナス7.87℃

・なにもなし:マイナス5.60℃

というわけで、肌も筋肉内の温度も、バンテージを使ってアイシングをしたほうがより下がることがわかりました。

 

massiveより

なぜバンテージでアイシングをすると、同じように氷を圧迫して固定したフレキシラップよりも温度が下がるのか?それはバンテージの断熱効果によるものだろう、ということ。つまりは、バンテージの生地と厚みが、冷却効果を外に逃がさず、しっかりと組織に伝わり、温度をより下げたのではないか、ということです。

 

それでは、フレキシラップと固定なしでは、なぜフレキシラップの方が冷却効果が高かったのか?これは氷と肌の「密着に関係がありそうです。

バンテージやフレキシラップなどで圧迫をかけながら氷をしっかり肌に固定することで、氷と肌の密着面積が増え、より多くの氷によって組織を冷やすことができるため、冷却効果が増したのだろう、ということです。

 

同じ時間の長さでも、より効果的なアイシング/トリートメントにするために、ぜひバンテージを使ってアイシングをしましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。