腰痛症の原因とは?チェック方法と有効な対策を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の記事で、特定の病名に当てはまらない腰痛を 腰椎症‘ と呼ぶと説明しました。そして、腰痛で悩んでいる方の多くがこの腰椎症に当てはまるのではないかと思います。レントゲンで目立った異常がなく、ヘルニアや分離症のテストも当てはまらない、もしくは何をやっても痛みが出る。腰が痛いという状態が日常化してしまい、改善することを諦めてしまっている。そんな方が多いと思います。

 今日はそんな原因不明の腰椎症に対して、僕の経験からくる原因特定法を書きたいと思います。

 

ただし今までの記事とは違い、参考論文等は一切使わず、僕の経験論を書きますので、この記事を100%信用するのではなく、「試しに自分の腰もみてみよう〜」「そういう見方もあるんや〜」ぐらいの気持ちで読んでいただければと思います。

だからといって適当なことを書く訳ではなく、僕の経験上この評価法と治療法が効果のあったので紹介しますが、誰にでも効果があるとは限らないという理解を持って読んでいただきたいです。

 

>>前回の腰痛に関する記事もぜひ読んでみてください。

 

 

腰痛症対策はバランスが大事

さて、僕が腰痛を治療する上で最も気にしていることがバランス’ です。

身体を上下に分けると、腰はちょうど真ん中にあります。頭や腕を支え、脚の付け根にもなる、上肢と下肢の接続部分です。

身体のある部分が捻れていたり、傾いていると左右、前後、上下のバランスが崩れ、身体の中心で接続部分である腰に負担がかかりやすいのではないかと思います。腰痛持ちの方によく「私は骨盤が歪んでいるみたいです」「よく姿勢が悪いっていわれます」とおっしゃる方が多いですが、本当にその通りだと思います。

 

ただ僕が重要だと思うのは、骨盤が歪んでいることでも姿勢が悪いことでもなく、何が原因でその歪みや姿勢の悪さが起こっているのかということです。

今日はその歪み方の例を紹介して、ご自分でチェックしていただきたいと思います。そして、その歪みの原因になりやすいことを紹介するので、長い間腰痛に悩まれている方は一度試していただければと思います。

 

骨盤の過前傾

骨盤前傾

写真のように骨盤が過剰に前傾しているのが原因で腰に負担がかかるパターンがあります。

このケースでは腹筋の筋力低下と臀筋(おしりの筋肉)の緊張が原因で骨盤の前傾が起こっている可能性が高いので、腹筋、特に深層部にある腹横筋のトレーニングとおしりの大臀筋のストレッチが腰痛に有効なことが多いです。

 

骨盤の過後傾

骨盤後傾

写真のように骨盤が過剰に後傾しているパターンも腰に負担がかかります。このパターンは椎間板ヘルニアや座骨神経痛の方によく見られます。

この場合は大臀筋の筋力低下と腰の全面に付いている腸腰筋の緊張が原因となっていることが多いので、大臀筋の筋力トレーニングと腸腰筋のストレッチが有効です。

 

骨盤の左右の高さの違い

骨盤左右バランス

骨盤の前傾•後傾は気づきやすいですが、左右の違いはなかなか気づかないものです。これは、腰に手を置いたときに触れる骨盤の最上部の高さの違いで調べます。

この場合は骨盤の高くなっている方の腸腰筋や中臀筋が固くなっている場合があるので、腸腰筋のストレッチをします。さらに、骨盤の低くなっている方の腸腰筋や中臀筋は弱くなっている可能性があるので、筋力トレーニングをします。

 

股関節の外旋

股関節外旋

腰痛持ちの方で、仰向けに寝転がったときに股関節が過度に開く方がとても多いことに気づきました。

上の写真は一般的に正常な開き方です。股関節に対して足の開きが45°〜60°くらいだと正常と言ってよいと思います。

 

股関節開きすぎ

上の写真は股関節が開きすぎている状態です。足の小指側が床に近づいていることがわかると思います。これは足首ではなく、股関節が開きすぎている状態で、がに股やO脚の方に多いです。

この状態の方が直立したときに、股関節が開きすぎていることが原因で骨盤も開き、その結果骨盤が後傾し、腰に負担がかかっているケースが多かったです。

 

股関節片足だけ開く

両足が開いている方も多いですが、上の写真のように片足だけが開いている方も多いです。この場合の方が左右のバランスも崩れてしまい、腰痛の症状が強いケースが多かったです。 

足の開きに関しては、梨状筋というおしりの深部の筋肉が固くなっていることが多いので、梨状筋をストレッチすることが大切です。同時に内転筋という太腿の内側に付いている筋肉が弱くなっていることが多いので、内転筋の筋力トレーニングも必要です。両足が開いている方は両方、片足のかたは開いている方に上記の運動を行うとよいと思います。

 

まとめ

最初にも言いましたが、これは僕が腰痛患者さんを治療した経験をもとに書いているので、科学的に強いエビデンスがある内容ではありません。ただ、腰痛で困っていて、何件も病院や治療院を訪ねても状態が良くならないという患者さんを多く見てきたので、そのような方々が少しでもよくなる糸口にでもなればと思い今回の記事を書かせていただきました。

 

今回は腰痛の原因となる骨盤のバランスの崩れ方を焦点に書いたので、その治療である運動に関しては詳しく書きませんでした。詳しい運動を知りたい方はインターネットで、例えば「腸腰筋 ストレッチ」などと検索すれば画像でも動画でも様々な運動が出てくると思うので、その中から特別な道具も必要なく、簡単にできるものを選んで実践していただければと思います。

 

ただ、運動をする上で痛みがでるようなものは行わないようにしてください。痛みというのは身体からの警告ですので、痛みが出る運動というのはご自身の身体に合っていないということですので中止して、痛みなく行える運動を選ぶようにしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。