References

0eed965ad4fa3112de0bc149f1be96a4_s

CHAINONの記事を書くうえで参考にした参考文献の中で、スポーツを支える立場の人にはぜひ読んでほしい論文などをここで紹介しています。ほとんどが英語ですが(日本語のものもあります)、リンクからPDFや資料をダウンロードしたり、記事を読むことができるので、ぜひ読んでみてください。

熱中症 

scsho

NATA Position Statement: Exertional Heat Illnesses

National Athletic Trainers’ Association (全米アスレティックトレーナー協会) が2002年に発行した、熱中症についてまとめられたポジションステイトメントです。

 

scshoNATA Position Statement: Fluid Replacement for Athletes」 

NATAが2000年に発行した、アスリートのための水分補給についてまとめたポジションステイトメントです。

 

scsho

NATA Releases “Preseason Heat-Acclimatization Guidelines for Secondary School Athletics” Consensus Statement」 

NATAが2009年に発表した、運動をする中学生/高校生のための暑熱馴化の方法についてまとめられた文書です。

 

環境省熱中症予防情報サイト

環境省のウェブサイトです。熱中症に関する様々な情報、資料、啓発用のポスターなどがダウンロードできます。

 

熱中症を防ごう – 日体協

日本体育協会のウェブサイトでも、様々な熱中症に関する情報・資料が公開されています。特にスポーツ現場に携わる方や、運動指導をする方には一度は訪れていただきたいウェブサイトですね。

 

 

応急処置

scsho

心肺蘇生|日本赤十字社ホームページ

日本赤十字のホームページより、CPR(心肺蘇生法)の基本的なやり方が紹介されています。

 

 

日本ACLS協会

アメリカ心臓協会(American Heart Association)と提携している国際トレーニング組織です。ATSUSHIはここでBLS (Basic Life Support) Providerを取得しています。

 

脳しんとう

PS scshot

NATA Position Statement: Management of Sport Concussion

全米アスレティックトレーナー協会が2014年の3月にリリースした、スポーツ現場における脳しんとうについてまとめられたポジションステイトメントです。

 

Zurich scshot

Consensus Statement on Concussion in Sport: the 4th International Conference on Concussion in Sport held in Zurich, November 2012

2012年11月にスイスのチューリッヒで行われた「スポーツ現場での脳しんとう」に関する国際学会より。

 

scsho

脳しんとうホームケアシート

NATA Position Statement: Management of Sport Concussionの添付資料を参考にして日本語にした、脳しんとうになった後の注意事項をまとめたホームケアシートです。

 

栄養

スポーツと栄養|日本体育協会

スポーツと栄養|日本体育協会

日本体育協会が出版している教科書より、スポーツと栄養の章です。