熱移動

3種類の氷によるアイシングの効果の違い

スポーツ現場において、いまや欠かせないケアのアイテムとなっている「氷(アイシング)」。練習後の身体のケアやリハビリのアイテムとして氷を使っている人は多いと思います。アイシングをすることは、その部位の痛みを感じにくくさせたり、代謝を減らすため、ケガをしたあとの過度な腫れを抑える、などの効果があります。

続きを読む

Falmouth Road Raceから熱射病ケアを学ぶ

毎年、8月第2週目の日曜日に、アメリカのマサチューセッツ州で「Falmouth Road Race」というレースが行われます。これは7マイル(11.3キロ)のロードレースで、毎年約1万人ほど(初心者からプロランナーまで)が参加しています。

8月2週目という夏のど真ん中に行われるレースだけあって、過去18回のレースの平均気温は23.3℃、平均湿度は70%と、かなり暑い環境の中で行われます。

続きを読む

アイシングと運動を同時に行うと筋肉は冷えるのか?

アイシング(氷で筋肉などを冷やすこと)は、ケガをこれ以上悪化させないようにしたり、筋肉痛を最小限にとどめるために、運動後に行うにはとても効果のあるケア・トリートメントの一つと考えられています。これは、アイシングをすることで筋肉の温度が下がり、代謝が下がるため、余計なエネルギーを使わずに済んだり、筋肉内の毛細血管の損傷を最小限に防ぐ効果があるためです。

続きを読む

熱移動〜人はどのように体内の熱を下げるのか〜

アメフト_キャンプ_キッズ

夏、毎年のように流れる熱中症のニュース。たしかに日本の夏は高温多湿のため、熱中症になりやすい環境ではあります。しかし、しっかり対策・予防をすれば、熱中症は100%防ぐことができます。熱中症は「死」にも至ってしまうこわいもの。トレーナーの人や、親御さん、学校の先生や部活動の顧問の先生、スポーツチームの監督やコーチはしっかり熱中症について知って、子どもたち・選手たち・周りの人を守ってあげてほしいと思います。

続きを読む