脳振盪(脳しんとう)

トレーナー向け!12種類ある脳神経の働きと評価方法まとめ

つい先日、チアリーディングの選手が空中に変な体勢で跳んでしまい、下で支える人がキャッチすることができず、そのまま地面に背中から落ちてしまいました。僕はその場にはいなかったので、実際にどのように落ちたのかは見ていませんが、チアのコーチが言うには、落ちた後、30秒ほど意識がなかったそうです。

コーチからの電話を受けて、僕はその場に向かいました。チアの選手はすでに意識は戻っていて、仰向けに横になっていました。頭〜顔〜首〜肩〜上半身〜下半身とすべてチェックして、なんの問題もなく、大事には至りませんでしたが、脳神経をチェックしてる際に(全部チェックしたよな…!?!?)と、少しだけ不安になりました。

今回は僕の復習もかねて、12種類ある脳神経の名前・働き、さらには評価方法についてまとめてみました。

続きを読む

脳しんとうの疑いがある人を見極めるツールを紹介!〜Pocket Concussion Recognition Tool™〜

Pocket Concussion Recognition Tool™ は、2012年11月にスイスのチューリッヒで行われた「スポーツにおける脳しんとう」についての国際会議で、世界中の脳しんとうのエキスパートによって作られました。これは、医療従事者ではない人でもわかりやすいように作られた、脳しんとうの疑いのある人を見極めるためのツールです。

続きを読む

脳しんとうについて知っておいてほしいこと

「脳振盪(のうしんとう)」という言葉。ニュースなどで一度は聞いたことがあるかもしれません。少し前になりますが、ワールドカップを観ていて聞いた人もいるかもしれません。

脳しんとうは、どんなスポーツでも、男女問わず、子どもからお年寄りまで、誰にでも起こる可能性があります。激しい運動・スポーツ中はもちろんのこと、誰かとぶつかった、どこかに頭を打った、階段から落ちた、といった日常生活の中でも充分起こりえるケガです。

スポーツをする選手自身にはもちろん、スポーツに関わる人(監督・コーチ・部活の顧問の先生・保健の先生・マネージャー・子どもの両親など)にもぜひ知っておいてほしい「脳しんとう」について、今回は紹介していきます。

続きを読む