脳しんとうを見極める〜Pocket Concussion Recognition Tool™〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Pocket Concussion Recognition Tool™ は、2012年11月にスイスのチューリッヒで行われた「スポーツにおける脳しんとう」についての国際会議で、世界中の脳しんとうのエキスパートによって作られました。これは、医療従事者ではない人でもわかりやすいように作られた、脳しんとうの疑いのある人を見極めるためのツールです。

>>PDFで欲しい人はこちらのリンクからどうぞ。

 

今回は、このツールを日本語に訳しながら、どのような人は脳しんとうが疑われるのかを説明していきます。

 

RECOGNIZE & REMOVE (認識して、やめさせる)

これから説明するものが1つでも当てはまれば、その人は脳しんとうの疑いがあります。

 

Visible clues of suspected concussion(脳しんとうを疑う明らかな手がかり)

CRT1

今から挙げるものが1つでも当てはまったら、その人は脳しんとうの可能性があります。

  • Loss of consciousness or responsiveness = 意識消失や無反応
  • Lying motionless on ground / Slow to get up = 地面の上で動かない / 起き上がるのがゆっくり
  • Unsteady on feet / Balance problems or falling over / Incoordination = 歩くのが不安定 / バランスに問題あり or 転ぶ / 協調が欠けている
  • Grabbing / Clutching of head = 頭をグイッとつかむ or つかもうとする
  • Dazed, blank or vacant look = ぼーっとしている / 何もないところをうつろに見つめる
  • Confused / Not aware of plays or events = 混乱している / 起きたことに気づいていない

 

Signs and symptoms of suspected concussion(脳しんとうが疑われる兆候・症状) 

CRT2

以下にある兆候・症状が1つでも当てはまる場合、脳しんとうが疑われます。

・意識喪失      ・頭痛

・発作・けいれん   ・めまい

・バランスの問題   ・混乱している

・吐き気・嘔吐    ・すべてがゆっくりに感じる

・眠気        ・頭が圧迫されているように感じる

・感情的になる・情緒不安定   ・物がかすんで見える

・イライラする    ・光 (太陽や蛍光灯) に過敏 / 気分が悪くなる

・悲しくなる     ・記憶がなくなる

・すぐ疲れる     ・霧の中にいるような感覚になる

・不安・心配になる  ・首の痛み

・理由はわからないけどなんか変な感じ  ・騒音に過敏 / 気分が悪くなる

・思い出すことができない  ・集中できない

 

Memory function(記憶の機能)

CRT3

 以下の質問に1つでも正確に答えることができなかったら、脳しんとうが疑われます。

  • ” What venue are we at today? “      「ここはどこの競技場ですか?」
  • ” Which half is it now? “          「今は前半後半どっちですか?」
  • ” Who scored last in this game? “      「最後に得点したのは誰ですか?」
  • ” What team did you play last game? “   「最後の対戦相手は?」
  • ” Did your team win the last game? “    「最後の試合は勝ちましたか?」

 

CRT4

脳しんとうが疑われるすべてのアスリート・選手は、すぐに練習・プレーから外れるべきです。また、その選手は、専門家にしっかりと診てもらうまでは運動をするべきではありません。脳しんとうが疑われる選手は必ず誰かと一緒に行動し、自動車の運転もするべきではありません。

脳しんとうが疑われる選手が出たら、たとえすぐに症状が回復したとしても、必ず医師に診断を受け、どれくらい休むべきか、いつから運動を開始するべきか、などの指示を受けましょう。

 

RED FLAGS(危険信号)

CRT5

激しい衝突プレーやひどく頭を打った後、もし以下に挙げるもののどれかが選手から報告された場合、その選手はすぐに、そして安全にフィールドから出ましょう (プレーをやめましょう)。もしそこに医師がいない場合は、すぐに診てもらうために救急車を呼ぶことも考えましょう。

  • 首の痛みを訴えている
  • 意識がなくなっていっている
  • 混乱や興奮状態がひどくなっている
  • 頭痛がどんどんひどくなっている
  • 嘔吐を繰り返している
  • 異常な挙動の変化
  • 発作やけいれん
  • 複視 (物が二重に見えること)
  • 手足の筋力の低下 / 燃えるような熱さ・チクチクピリピリした痛みを感じる

 

心に留めておくべきこと

CRT6

  • いつどんな時でも、CPR・救急処置 (安全確認, 反応・応答の確認, 気道確保, 呼吸, 循環の確認) が最優先されるべき
  • 呼吸のサポートのときを除いて、フィールドに倒れている選手を無理に動かそうとしない
  • トレーニングを積んでいない限り、ヘルメットはとらない (アメフトなど) 

>>CPRの記事はこちらから

 

専門家 (医師やアスレティックトレーナーなど) が練習や試合の場にいれば安心ですが、もしいない場合、監督やコーチ・部活動の顧問の先生・指導者の人が、脳しんとうが起きた選手への救急処置にあたる最初の人 (=ファーストレスポンダー) になる可能性が高いです。 

どんな兆候や症状があらわれたら脳しんとうを疑うべきなのか。スポーツをする子ども・選手たちを支える人・周りの人たちはしっかりと心に留め、すぐに選手の異常に気がつけるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。