アイシング

怪我をしたらまずするべき応急処置「PRICE」の方法を伝授!

怪我をしてしまったとき、あなたはどうしますか?

(そんなに痛くないし、きっと大丈夫!)と思っていたら、少し時間が経ってだんだん痛くなってきたり、腫れてきてしまった、という経験はありませんか?

怪我をしたりどこかが痛くなってしまったとき、少し時間が経てば自然に治るだろう、と考えるのはとても危険です。逆に、怪我をしてすぐ、たった10〜20分程度の応急処置をするだけで、その後の怪我の経過がすごく変わってきます。

してしまった怪我をできる限り最小限にとどめて痛みを長引かせないためには、適切な応急処置をする必要があります。そこで今回は「PRICE(プライス)」と呼ばれる応急処置の方法を紹介します。

続きを読む

アイシングをする効果的な時間は部位によって違う

アイシング_氷のう

アイシング(クライオセラピーとも言います)は、どこか怪我をしたときに行う最初のケアとして、様々な場所で使われています。適切な時間(=長さ)で怪我をした部位を冷やすことで、その怪我の被害を最小限に防ぐことができます。

ですが、アイシングの研究は数多くされているにもかかわらず、怪我を最小限に防いだり治癒を早めるために「アイシングは何分やればいい!」とはっきり断言はまだされていません。

続きを読む

アイシングをより効果的に!アイシングの氷はバンテージで巻け!

thestar.comより

みなさんは、どのようにアイシングをしていますか?上の写真の選手のように、バンテージを使って氷を固定していますか?それとも、固定はせずに氷のうを筋肉の上に置いて、じっとしていますか?

今回は、同じ時間の長さで、同じ種類の氷を使ってアイシングをしたとき、そのアイスバッグを何かで圧迫して固定したほうがいいのか?それともただ置いとくだけでもしっかり筋肉はアイシングされるのか?違いはあるのか?そんなことを調べた論文から、よりよいアイシングの方法を学びます。

続きを読む

3種類の氷によるアイシングの効果の違い

スポーツ現場において、いまや欠かせないケアのアイテムとなっている「氷(アイシング)」。練習後の身体のケアやリハビリのアイテムとして氷を使っている人は多いと思います。アイシングをすることは、その部位の痛みを感じにくくさせたり、代謝を減らすため、ケガをしたあとの過度な腫れを抑える、などの効果があります。

ですが、「アイシングをする」といっても、色々な方法があります。アイスバッグや氷のう、水風呂、アイスマッサージ、冷凍のジェルパック などなど。

今回は、アイスバッグを使って同じ時間(20分)アイシングをする場合、どんな氷を使うのが一番効果的なのか(=筋肉内の温度が一番下がるのか)を紹介しようと思います。

続きを読む

筋肉痛にアイシングは意味ある?運動後の水風呂に浸かる効果とは?

今やスポーツの世界では、練習やトレーニング後のケアとしてどこでも使われるようになってきている「水風呂」。

今回は、「筋肉痛」のケアとして水風呂は有効なのか?また、一言に水風呂といっても、一体何度の水で、何分くらい浸かるのが一番効果的なのか?そんなことについて、調べてみました。

続きを読む

アイシングをしながら歩くと冷えない?やり方次第で効果半減

アイシング(氷で筋肉などを冷やすこと)は、ケガをこれ以上悪化させないようにしたり、筋肉痛を最小限にとどめるために、運動後に行うにはとても効果のあるケア・トリートメントの一つと考えられています。これは、アイシングをすることで筋肉の温度が下がり、代謝が下がるため、余計なエネルギーを使わずに済んだり、筋肉内の毛細血管の損傷を最小限に防ぐ効果があるためです。

大学やスポーツ現場ではよく、練習後、アイスバッグや氷のうをバンテージやフレキシラップでアイシングしたい部位に巻いて、そのまま家に帰ったり、ご飯を食べに行ったりする人が多いです。

しかしこれをよく考えてみると、アイシングをした部位をアイシング中も動かしていることになりますね。走ったり跳んだりというほどの激しい動きではないものの、「歩く」という行為も立派な運動ですからね。

では果たして、アイシングしている部位をアイシング中も動かし続けていたら(=アイシングしている筋肉を使い続けていたら)、その筋肉はしっかり冷やされるのでしょうか?

続きを読む

RICE処置を徹底解説!怪我をしたらまずライス!

RICE(ライス)とは、「Rest(休養/休ませる)」「Ice(冷却/冷やす)」「Compression(圧迫)」「Elevation(挙上/心臓より高くあげる)」の4つの頭文字をとった総称のことです。 RICEは、ケガをしたときにまずやるべきケアとして、スポーツ現場では広く受け入れられた処置の1つです。

1つずつ、詳しく説明していきます。

続きを読む