トレーナー英語・英会話

Pubmedの使い方|エビデンスレベルの高い英語論文を無料で手に入れる方法

Pubmedの使い方EC

このCHAINONというサイトでは、主に英語の研究・学術論文をベースにして、アスレティックトレーニング・スポーツ科学などに関する記事を書いています。多くの記事で、実際に参考にした文献をリンクとして載せているのですが、その甲斐あってか、「どうやって英語の論文を手に入れているんですか?」と聞かれることがよくあります。

よって今回は、私が普段どのように学術論文を検索し、手に入れて、読んでいるのかを、1から解説してみたいと思います。

いくつか方法はあるのですが、今回はその中でも最もよく使う「Pubmed(パブメド)」を用いた方法をお伝えします。

また、改めて英語論文の探し方や読み方を学ぶために、一冊本を読んでみました。私が普段行っている論文の検索方法と合わせて、本からの情報も交えてお伝えします。


>>参考資料はこちらです。

英語論文を読みこなす技術pic理工系なら必ず知っておきたい 英語論文を読みこなす技術:頻出単語をイメージで把握!論文の定型文だからわかりやすい!
英語論文の探し方や、英語論文でよく出てくる単語、読むために知っておくべき文法などをわかりやすく解説している本です。

データベース「Pubmed」から検索する

search検索

データベースとは、いわゆる「Google」とか「Yahoo」とか、私たちが普段使っている「検索サイト」のことです。この論文バージョン、つまり「研究・学術論文を探すための検索サイト」というのがあります。その検索サイトで、自分が読みたい論文のキーワードを入れて検索して、論文を見つけていきます。

そして、その学術論文を探すための検索サイトとして代表的なものの1つが「Pubmed」です。

大学や研究機関などに所属していると、有料のデータベースを無料で利用できることが多いため、より多くの論文を検索し、手に入れることができます。ですが、たとえもしあなたがそのような機関に所属していなくても、無料でも充分にたくさんの、しかも質の高い論文を、Pubmedを使えば手に入れることができます。

Pubmedを使って無料で読める英語論文を手に入れる

Pubmedは、アメリカの国立医学図書館が無料で提供しているデータベースです。世界約70カ国、5200誌以上の医学雑誌に掲載されている論文を手に入れることができます。私が何か論文を読みたいなーと思った時、まず最初に使うデータベースがこの「Pubmed」です。

それではここから、私がPubmedを使ってどのように論文を検索し、手に入れるのかを、一から順に解説していきます。

1)Googleで「Pubmed」を検索する

まずは普通に「Pubmed」をググります。すると「Pubmed – NCBI」というのが出てくるので、それをクリックします。

2)検索窓にキーワードを英語で入れる

Pubmedのデータベースに入ったら、ページ一番上の検索窓に、自分が読みたい論文のキーワードを英語で入れます(ググる時と一緒です)。自分が調べたいキーワードを英語でなんと言うのかわからないときは、「◯◯◯ 英語」とググればすぐに出てきますね。

今回は「anterior cruciate ligament(=前十字靭帯)」と検索してみました。

すると出てきたのがこちら。

検索結果が「19858」と出ました。Pubmedで前十字靭帯について検索すると、約2万個もの論文がヒットしました。これは多すぎますね。読むべき論文を見つけるのに途方もない時間がかかってしまいます。よってここから「絞り込み」に入ります。

絞り込みの方法はいくつかあるのですが、私が普段する絞り込みの方法をお伝えします。

3)「無料」で読める論文のみがヒットするようにする

基本的に無料で読める論文を検索したいので、無料では読めない論文を最初に検索から除外します。これは、検索結果のページの左側にある「Text availability」より、「Free full text」をクリックするだけでオッケーです。

pubmed検索8

 

すると、検索ヒット数が19858から4421まで減りました。

pubmed検索10

つまり、「Anterior Cruciate Ligamentに関する無料で読める論文」が4421個ヒットした、ということになります。

まだちょっと多いので、さらに絞り込みを進めます。

4)「Article types」をカスタマイズする

学術・研究論文は「エビデンスレベル」によって分類分けされています。もしあなたが「どんな論文を読んだらいいかわからない」という場合は、エビデンスレベルが高いものをまずは読むと良いでしょう。そして、エビデンスレベルが一番高いとされているのが「Systematic Review(システマティックレビュー)」と「Meta Analysis(メタアナリシス)」と呼ばれるものです。

よって、Pubmedで検索したキーワードに関する論文で、「Systematic Review」と「Meta Analysis」をそれぞれ検索できるようにカスタマイズしていきます。

まずは検索結果ページの左上にある「Article types」の「Customize…」をクリックします。

Customizeをクリックするとウインドウが表示されるので、下にスクロールして「Meta-Analysis」と「Sytematic Review」にチェックを入れます。

2つにチェックを入れたら、下の青いボックス「Show」をクリックします。

 

すると、Article typesの部分にこの2つが加わります。

pubmed検索6

 

まずは「Meta-Analysis」だけクリックしてみましょう。するとそこにチェックマークが入ります。

これで、Anterior Cruciate Ligamentに関する無料で手に入る論文で、Meta-Analysisのみが検索結果としてヒットするようになりました。

pubmed検索7

34まで減りましたね。ここまで減れば、あとは1つ1つタイトルを見ていって、興味のあるものを実際に手に入れて読んでいきます。

もしヒット数が少なすぎたり、一通りタイトルを見ても読みたい論文がなかった場合は、Article typesのSystematic Reviewsにもチェックを入れてみましょう。

5)読みたい論文をダウンロード

ここまできたら、あとはタイトルをみて、わからない単語を辞書で調べながら、詳しく読んでみたい論文を探します。興味のある論文が見つかったら、タイトルをクリックします。

pubmed検索9

 

タイトルをクリックすると、その論文の「要約(Abstract)」が出てくるので、ここを読めばある程度のことがわかります。もし結論だけ知れれば良い!などといった場合は、ここを読むだけで良いです。

pubmed検索要約

 

要約を読んでみて、例えば、具体的にどんなエクササイズが行われたのかとか、どのような流れでこの結論に達したのかなど、さらに詳しく知りたい!この論文を読んでみたい!と思ったら、右上の「PMC Full Text」と書かれたバナーをクリックします。

pubmed検索11

 

すると、右上にPDFでダウンロードできるリンクが現れるので、そこをクリックします。

pubmed検索13

 

無事に論文がpdfで現れました。保存するなり、印刷するなりして、全文読んでみましょう。

pubmed論文スクショ

まとめ

「Pubmed」を使った、無料で、質の高い、エビデンスレベルの高い英語論文を手に入れる方法を解説しました。

英語が読めるようになると、情報として得られる量が格段に増えます。

最初は時間もかかって大変かもしれませんが、「英文を読む」というものは、練習をすれば確実に読めるようになりますし、スピードもだんだん上がっていきます。「英語の勉強」と「自分の専門性を得るため」に、ぜひ「Pubmed」を使ってみてください。

CHAINON管理人

EXOS8のコピーATSUSHI(山口淳士)。米国公認アスレティックトレーナー(BOC-ATC)。外資系企業内のフィットネスセンターで健康指導・運動指導を行う。その他、ストレッチポール公式ブログでの記事監修や、GAP英語勉強会の講師なども。

>>詳しいプロフィールはこちらから

>>共同執筆者Sakuのプロフィールはこちら

熱中症.comバナー