ケガ

足首をひねった!足関節を捻挫したときの処置と予防の方法

足首_捻挫_足関節

運動・スポーツ中に一番多く起こるケガといわれているのが、足首の捻挫(ねんざ)。ある研究によれば、運動中の怪我において足首の捻挫は全体の約45%をも占める、と報告されています。

さらに、最も頻繁に起こる足首の捻挫の90%以上は「内反捻挫(ないはんねんざ)」と呼ばれるもの。

今回は、内反捻挫が起こってしまう原因/メカニズムと、足首をひねってしまったらどうすればいいか、ケアの方法を紹介していきます。

続きを読む

突き指パート2〜ボタン穴変形とスワンネック変形〜

つい先日、高校生のアメフトのキャンプで働いた時、はじめてBoutonnière Deformity(日本語では 「ボタン穴変形 」と言うみたいです)を見ました。教科書で習っただけのケガだったので「あっ!Boutonnièreだ!」って見てすぐ思ったものの、いまいち曖昧だったので、若干マニアックなケガではありますが、ここでまとめておこうと思います。

Boutonnièreと一緒に、Swan-Neck Deformity(スワンネック変形)も合わせてまとめようと思います。

続きを読む

ハムストリングの肉離れ その1〜特徴と原因〜

スポーツをしているなかで、よく起こるケガの1つとして挙げられるのが「肉離れ」

肉離れとは、急激に筋肉が収縮した結果、筋膜や筋繊維の一部が損傷すること (Wikipediaより) を言います。基本的に、 体のどこの筋肉でも肉離れは起こる可能性がありますが、特にスポーツをしている中で起こることが多いのが、ハムストリング (=太ももの裏)。

続きを読む

“ただの突き指” だと思うな!

指は、スポーツ中に最もケガをしやすい部位の1つです。にもかかわらず「ちょっと痛いけどすぐなおるだろう」と、あまり重く受けとめずに軽くみて、しっかりとケアがされないことが多い部位でもあります。

指は、小さくてゴツゴツしている骨同士がくっついて関節を作っています。その上、外からの衝撃・外力を吸収する筋肉や脂肪も少ないので、 衝撃をもろに受け、とてももろい部位です。

続きを読む

オスグッド病~飛び出るすね骨~

今回は若いアスリートが抱えやすい症状、オスグッド病について書いていきます。

オスグッド病とは正式名称でオスグッド・シュラッター病(Osgood-Schlatter disease)といいます。1903年にアメリカ人のOsgood医師とスイス人のSchlatter医師が同じ症例についてそれぞれ発表した結果、2人の名前を取ってOsgood-Schlatter病と名付けられました。

続きを読む

Healing Process~傷が治るメカニズム~

今回は少しお勉強の記事を書きます!

テーマは傷や怪我の治り方。

例えば指先を切ったり、足首を捻って靭帯を損傷したとき、人間の体は体内の損傷部位を自分で治す機能を持っています。薬を飲んだり、リハビリをしたりというのは、正直な話、この自己再生能力を助けるためのものと言ってもいいと思います。

続きを読む