怪我

SLAP損傷の原因をわかりやすく解説!スペシャルテストの方法も!

ビーチバレー_SLAP損傷_肩_怪我

野球やバレーボール、バドミントンをはじめとした肩をよく使うスポーツをしている方にとっては、肩の痛みや怪我はできるだけ避けたいですよね?

数多くある肩の怪我の1つとして「SLAP損傷(スラップそんしょう)」と呼ばれるものがあります。アスレティックトレーナーとしてアメフトの現場で数年活動していた私は、何人もの選手がこのSLAP損傷になってしまい、手術をしたケースをみてきました。

今回は、SLAP損傷とはどういう怪我なのか?SLAP損傷をしてしまう原因とはどういうものなのか?さらにはアスレティックトレーナーの方のために、科学的根拠に基づいた、SLAP損傷を確認するために現場でするべきスペシャルテスト方法も紹介していきます。

続きを読む

足首をひねった!足首を捻挫したときの処置と予防の方法

足首_捻挫_足関節

運動・スポーツ中に一番多く起こるケガといわれているのが、足首の捻挫(ねんざ)。ある研究によれば、運動中の怪我において足首の捻挫は全体の約45%をも占める、と報告されています。

さらに、最も頻繁に起こる足首の捻挫の90%以上は「内反捻挫(ないはんねんざ)」と呼ばれるもの。

今回は、内反捻挫が起こってしまう原因/メカニズムと、足首をひねってしまったらどうすればいいか、ケアの方法を紹介していきます。

続きを読む

たかが打撲。されど打撲。2種類ある打撲の見分け方

今回はスポーツ現場でも特に頻繁に起こる怪我、打撲について書いていきます。

 “打撲”と聞くと、そんなに大したことのない怪我や、ほっとけば治るっしょ!というような認識が一般的かと思います。

実際、ほとんどの打撲はほっときゃ治ります。正確には適切な処置とリハビリをすればより早く、より受傷前に近い状態に治すことができますが、打撲が起こると何より痛みが強いのでそこまで大した治療を行うことができない、というのも事実です。

ただ、打撲には2つの種類が存在して、ほとんどの場合はいわゆるほっときゃ治るような打撲ですが、稀に起こるもう一つの打撲はより深刻で、治療にも細心の注意が必要で、扱いを間違えるとさらに深刻な症状を引き起こす原因にもなります

 そこで今回はこの2種類の打撲について理解してもらい、見分け方を知って、どのように対処すれば良いのかを説明します。

続きを読む

突き指パート2〜ボタン穴変形とスワンネック変形〜

つい先日、高校生のアメフトのキャンプで働いた時、はじめてBoutonnière Deformity(日本語では 「ボタン穴変形 」と言うみたいです)を見ました。教科書で習っただけのケガだったので「あっ!Boutonnièreだ!」って見てすぐ思ったものの、いまいち曖昧だったので、若干マニアックなケガではありますが、ここでまとめておこうと思います。

Boutonnièreと一緒に、Swan-Neck Deformity(スワンネック変形)も合わせてまとめようと思います。

続きを読む

ハイアーチってどうなの?足の特徴・評価法・怪我のリスクまとめ

今回は足の裏についての記事です。

身体が人それぞれ違うように、足底の形も人それぞれ違います。足底の内側にある溝を「内側アーチ(これで「ないそくあーちゃん」と読みます)」と呼び、この大小、もしくはこのアーチの頂点がどれくらい地面から離れているかで、平均的なものと比べて、内側アーチの大きい足底を「ハイアーチ」、小さいものを「扁平足」と呼びます

今回はハイアーチが身体に、特に運動をする上で、どのように影響するか紹介していきます。

続きを読む

寝違えとは?首を寝違える原因と具体的なケア&ストレッチ法紹介!

CHAINONを読んでいただいている読者の方から「寝違え」について質問をいただきました。

「首を年に何回か寝違えます。また、寝ている間でなくても運動中に寝違えたみたいに痛めることが多いです。首の寝違えの原因・対処・予防はありますか?」

ということで、今回は「寝違え」について調べてみました。

続きを読む

ハムストリングの肉離れ その1〜原因と典型的な症状とは?〜

スポーツをしているなかで、よく起こるケガの1つとして挙げられるのが「肉離れ」

肉離れとは、急激に筋肉が収縮した結果、筋膜や筋繊維の一部が損傷することWikipediaより)を言います。基本的に、 体のどこの筋肉でも肉離れは起こる可能性がありますが、特にスポーツをしている中で起こることが多いのが、ハムストリング(=太ももの裏)。

続きを読む

腰痛症の原因とは?チェック方法と有効な対策を紹介!

前回の記事で、特定の病名に当てはまらない腰痛を「腰椎症」と呼ぶと説明しました。そして、腰痛で悩んでいる方の多くがこの腰椎症に当てはまるのではないかと思います。レントゲンで目立った異常がなく、ヘルニアや分離症のテストも当てはまらない、もしくは何をやっても痛みが出る。腰が痛いという状態が日常化してしまい、改善することを諦めてしまっている。そんな方が多いと思います。

 今日はそんな原因不明の腰椎症に対して、僕の経験からくる原因特定法を書きたいと思います。

続きを読む